ソウルフレンド!

20160815_193458なんのことかと思いますよね!

ソウルに住んでいる友達という意味ではなく、魂の友達という意味で題名をつけました。

不思議と、同じ国の出身でも、一緒にいると居心地の悪い人、違う国でも居心地のいい人っていますよね、フィーリングが合うというかなんというか。

私は、特に苦手な人というのはいないつもりなんですけど、(上の文と矛盾しているような…)

まぁ、居心地の悪さも、みないふりをして、誰とでも良い関係をつくる努力をする人間だと思ってもらえたら。

まぁ、でも実際、相性のいい相手というのはいるものです。

韓国に来てすぐに、そういった友達にめぐり合えた事がとてもありがたいと思うんですが、ソウルメイトと呼べるような友達がいます。アメリカ出身の黒人の子なんですが、一緒にいてお互いが幸せを感じることができて、それをお互いに言い合える仲って素敵ですよね!

一週間に一度は会うようにしています。

私の旦那にもそういった友達がいて、その友達とは、週に二回以上は会っているように思われます。

ご飯を食べながら、もちろん話もしますが、お互いが、携帯で別々のことをしながら過ごすこともあります。

よっぽど心が打ち解けているのか、旦那が、私もつれて、その親友の実家に一緒に帰って三日間泊まるほどです。

そういった存在は本当にありがたいものです。家族よりも家族のような、そんなありがたい友達を持って幸せですね^^

写真は、旦那の親友の息子(大きいほう)と、うちの息子(小さいほう)笑!

トウミアジュンマ

2016-08-22 17.09.58トウミアジュンマがどういった意味かというと、手伝いのおばちゃん!

という意味です。

私が出産の後、家に二週間の間、手伝いにきてくださいました!

韓国には、산모 도움이 という、出産後に家にお手伝いさんを呼んで、回復しきれない体をいたわりながら、家事を手伝ってもらったり、回復に適した食事をつくってくれます。

政府からも、援助金が出るため、二週間約自己負担三万円で見てもらいました!

私の家に来られたアジュンマは、50代前半の若い方でした。

うちの母と同じ年 笑

そのおばちゃんが、あまりにも良くしてくださり、最後の日は泣いてしまったほどでした。

そのトウミのおばちゃんも、トウミのおばちゃん初仕事として、うちに来たそうで、しかも私の知っている日本人のお姉さんともお友達であるという、

とても、縁のある方でありました。

そんなこともあり、その共通の知り合いよお姉さんの車に乗って、少し離れたトウミアジュンマのお家に遊びに行ってきたのでした。

その当初から、うちの息子のてゆるを、かなり気に入ってくれていて、착하다!の連発。

とても育てやすく、お母さんが楽だね!

といつも言ってくれていましたが、

今回も実の孫のように可愛がってくれるのでした。

アジュンマのお姉さんも遊びにきており、同様にご飯の時にも膝にのせて、

ずーっとその二人のアジュンマがてゆりの取り合いをしていた為に、

私はなーんにもせずに、ケラケラとその様子をながめているのでした。

美味しい공ククス(大豆を裏ごししたスープを素麺のような麺にかけていただきます。)とキンパプをご馳走してくださり、

幸せな時間を過ごさせていただきました!

このように、

韓国のおばちゃんたちは、本当に情が深く、どこにいっても、ためらいもなく赤ちゃんを抱っこして、あやして可愛がってくれます。

この前もある講演会に行った時に、隣に座ったおばちゃんが、機嫌の悪くなりかけたてゆりを抱いてあやしてくれました。それだけではとどまらず、私も私もと、その隣に座ったアジュンマ、また、そのとなりに座ったアジュンマと三人のおばちゃんがかわりばんこにてゆりを抱っこしてあやしてくれるのです。

韓国に来て、人の優しさに触れ、心が解放されていることを、ふつふつと感じています